ヒノキを選ぶ理由

木の家 ログハウスの素材選びは立地条件を考慮する必要があります。長く快適に暮らせ、メンテナンスや改修が安易であることが求められます。私たちはログハウス建築歴28年の経験と実績から 国産檜を選択します。

ログハウス建築で気になるのデメリットとして壁が割れて雨水が侵入し、腐朽菌に侵され腐るのではないか。

セトリング調整を頻繁にする必要があるのではないか。

外壁を頻繁に塗装しなければならないのではないか。そんな不安があります。

壁の割れやセトリング調整を解決するためには、木の経年変化をコントロールできればいいのではないでしょうか。

ログハウスは 独自開発の四分の一鎌欠き雇実工法と木使いを工夫して 外壁の割れをコントロールし、上下のログを引き合わせる雇実で 頻繁なボルト締めから解放されました。自重に任せたセトリングの場合トリムボードを外したりボルトを締めたり メンテナンスが必要です。また、ビッグトマトが推奨する水性塗料で神社仏閣でも利用される塗料で、現在までに築10年を経過したログハウスで 再塗装が必要になる程です。特にメンテナンスが必要なデッキ材に関しましては 耐久性を考慮しイタウバ材に随時シフトしています。

価格面では 丸太を使い切り、無駄のない木使いと簡単な加工法を確立し、リーズナブルな価格設定を実現しました。 輸入材のようにログハウス以外の諸費用が極端に少ないのも魅力的です。国産材でログハウスに暮らす

 

ログハウスの施工例

エティックⅡ

 

発売以来 ご好評いただいてているプラン「エティックⅡ」です。

屋根を瓦仕上げに変更し、デッキに屋根をかけました、。

ログハウスには一番効果的な暖房 薪ストーブを取り入れ、暮らしがより魅力的になりました。

外観のデザインは北欧風ですが、中はヒノキの香りとお仏壇があったりと 純和風の暮らし方。

 

エティックⅡプラス

 

人気のエティックⅡに居室を追加したプラン。価格的に大変魅力的な商品 エティックⅡにプラス1部屋で 将来的には平屋のお暮しを視野に入れています。ビッグトマトならではの ヒノキのお風呂や ヒノキの家具 設備で統一感があり 満足のいく暮らしを実現しています。何より メンテナンスフリーが一番うれしいログハウスです。

エティックⅡ 別棟と浴室追加

 

洗面所を広く使いたい!そんな希望をかなえました。エティックⅡの居住性に利便性を追求した仕様です。浴室と洗濯機置き場をを別棟に追加しています。洗濯機置き場から外に出て 選択が干せます。

寝室にもこだわりが

ごろんとするにはやっぱり畳。そんな願いで 琉球畳にしつらえています。大き目のクローゼットで週能力にも大満足です。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
張出6畳間

3方向に窓があり明るく風通しも